松 子 会 議

アイドルは最高

ジャニーズJr.祭 本当のshowとは

8月26日に無料配信された
ジャニーズJr.祭 wash your hand

配信当日の1週間前に知らされ、
もちろん仕事を休めるわけはなく
1時間遅れでなんとかチェックすることができた。
7MEN侍が好きな私は、
まぁ曲数は少ないだろうとは予想しつつも
この配信をとても楽しみにしていた。

サマパラで披露した
ローリン
島動画で矢花が裏話を教えてくれて
また聞きたいなと思っていた。

そしたらそのローリンをなぜか京本大我が歌っていた。
正直すごい嫌だった。
納得行かなかった。
まったく歓迎できなかった。


聴きたかった声じゃない
見たい姿、顔じゃない

私が見たかった7MEN侍に見事にかぶり
7MEN侍たちは暗がりに追いやられ
その上京本は大光の髪とか掴んでいた。

準備した演出がこれなのか?
とすごくがっかりした

練習はもちろん
リハーサルもしたのだろう
まわりの大人たちが
よしこれでいこう!
ってなったショーがこれなのか?


すごく裏切られた気分だった


私は楽しむために
7MEN侍を好きになった
楽しかったから応援しなくなったし
もっと楽しめるやつやんこれ!って思って
扉を開いた。

けど
事務所からの扱いがあまりにもひどくて
本当に楽しめるかな?
って思ってしまった


楽しむためにはどうしたらいいの?
Jr.祭といいながら
ろくに出番もくれないなんて
ファンはどうやって楽しめばいいですか?




京本にファンがたくさんいることも
京本にそれだけの魅力があることも
理解している。


登場したとき
きゃー!って喜んだ人もいただろう

しかし、私は歓迎できなかった
がっかりした
そういう人もいるんです!
知ってもらいたい
誰しもが歓迎してるわけではないと。

テレビ番組だったり
CMに出てるのをみて
わざわざうざいとかいって
本人を傷つけたいとは思ってない。


ただ、演出として
すごくつまらない配信だった。

残念です。


デビュー組を出すなっていう
そんな簡単な話ではない。

誰がキャスティングや演出を決めたのか知らないけど
ジャニーズ事務所は画面の前のファンの気持ちを想像すべき


もし、京本じゃなかったら
もし、あのような演出でなかったら
ここまでの批判や文句は出てないかも。
むしろ歓迎されて盛り上がったかもと。



見せたいショーってこれでしたか?




ちなみに、田中樹に関しては
演出に関係なく、なにしても本当に無理なので
キャスティングしないでほしかった。

SixTONESの内々だけで消費して金にしてほしいです。
そこには踏み入れないようにいたしますので。

滝沢へ
あなたの演出に感動したことは一度だってありません。
7MEN侍が歌っているあのSAMURAI
については作曲者に感謝します。

プロデューサーのあなたが生み出した感動は
いまだにないことを自覚してください。

好きな曲

セクゾで好きな曲を
紹介します


とはいえ、セクゾはいい曲がありすぎるので
そのたくさんのなかのひとつなんですが

今回は
hey you!

この曲すごく可愛くて

付き合ってるけど
全然思ったようなカップルになれなくて
もっとラブラブでいようよ!
って思ってる男の子の歌です。

このカップルは、
いつも喧嘩しちゃうし
デートしてても男の子がまるで付き人みたいで
背も女のコに負けちゃってる
女のコは勉強ばっか気にしてる


でもせっかく会えたから笑ってほしい
僕のジョークで笑ってよ!
って男の子が思ってるんですよ
可愛すぎませんか?

なんでこんな歌詞書けるの?


君が好きだよ
こいうところが好きだよ

じゃないんですよ


デートのささいなシーン
彼女が着てきた服
彼女が選んだメニュー
を並べて
そこに可愛い可愛いカップルが
浮かび上がってくる

そして好きなんて言わなくても
伝わってくるんですよ男の子の気持ちが!
だって「笑ってほしい」って
一番の愛じゃない?

しかも笑ってほしいじゃなくて
「笑って見せろよ」ですよ
やばい無理かわいい〜〜


三浦徳子さん天才すぎる……
(大体セクゾの神歌詞曲は三浦徳子さんが作詞)


自分がもしセクゾ本人で()
当時この曲もらったら
なんだよこれって思うかも。
子供っぽいなってがっかりするかも。

でもさ、これが最愛ってやつではないですか?
笑ってるところ見せて!
なにも気にしないでさ、こっちきなよ!
そんなことどうでもいいじゃん!
って純愛の歌だよ。

そしてまた、メロディがさ〜
明るくて明るくてその明るさがなんか切ないんだよ
まじで今にも泣きそう。
幸せすぎて泣けるやつ。

歌ってるところ想像してみて。
みんな満面の笑顔でさ、ちょっとふざけてさ
幸せで溢れてるよね。

いい曲をもらったよね。本当に。
こんなぴったりな曲、大事に歌ってね。
いくつになっても大事に歌ってほしい。まじで。

この曲に思い出をどんどん作ってほしいなぁ。

7MEN侍のローリングコースターがきけたひ


今年のサマパラは配信ライブ
そして今日は7MEN侍の1日目の公演

7MEN侍はバンドもダンスもでき、
かわいいもかっこいいもでき、
シブいもオモロいもできる
本当に有能なジュニアなので
ファンとして誇りを持って応援できる。
あの曲やってほしいこの曲やってほしいと
どんどん湧いてくる

私はもともとジャニーズだと
セクゾ関ジャニが好きで
ここ2つ以外のグループには正直疎かった。
けど7MEN侍にハマってから
少クラとか見たりツイッター
ちょっとずつ覚えた
そもそもセクゾ関ジャニの楽曲が好きで
彼らの音楽に背中を押され、幸せをもらえた

今日7MEN侍が歌ってくれた
ローリングコースター
この曲は好きな女に振り回されっぱなしの
なさけない男目線の歌で
関ジャニらしくてとても好きだ

ずっと7MEN侍に歌ってもらうのが夢だった
こんなに早く叶うとは思わなかった


7MEN侍は他Gと比べても
ノリが男子校みたいにいつもにぎやかで
そんな子達が歌うロリコスは
情ない男ってよりは若さならではの不器用さがみえてとてもよかった
(7MEN侍って嶺亜以外、女のコにオラオラ言ってるイメージない…)

特に好きな歌詞が安田パートの
気が済むまで食べる〜なんだけど
ダカさんだったのめちゃ笑った

落ちサビのこんぴーも
歌詞がすっと入ってくる歌い方でめちゃよかった


そしてバンド曲って下をちらっと見ながら歌うのが
またいいんだよね
すき!

7MEN侍はこんなに武器があって
しかもまだまだ成長していくのが
楽しみでしょうがない

きっとやってくれる。
本人たちもやる気だ!って伝わってくる

海がきこえる 最高のアニメ

最高のアニメ、最高の映画
海がきこえる=私の青春


作中、高校生の杜崎拓に起きたことは、
べつに大したことではない。
(原作の方ではもっと色んなことが起きて、杜崎拓の振り回されっぷりを軸として描かれている)

しかし高校生の当人にとって、
「修学旅行が中止になって、抗議を申し付けたら呼び出された。」
「転校生の女に金を貸しておまけに東京までついてくことになって、学校で噂された。」
「その女に親友がふられた。」
は、かなりのトピックスだし
めちゃめちゃドラマチックなことだと思う。

そんな1シーンを
なんの軸もなく
ただ並べてたのが
海がきこえるという作品だ。
(強いて言えば軸は里伽子なのかも)

「主人公の杜崎拓はこんな男なんだ!」
という説明もないし
「こうあるべきだ!」
という主張もない。
「里伽子みたいなわがままな女が、懲らしめられる」教育的な話でもない。


あったのは
杜崎拓と武藤里伽子
その他高校生がいたという事実だけ。


あの日、あそこに行った
あんなこともあった
こんなこともあった
という事実だけ

終盤のシーン、
同窓会でみんなが話していたような
(話すような)
ことしか起きてない


かつて高校生だった私達にも、
誰にでもあるようなこと。
大したことはなにもない。
(よく知らない女に金貸して、高校生の男女がホテルに二人で泊まるとかなかなかねぇよ!って言ったら確かにそうなんだけど)

すごいなぁって思うのは
その大したことない事実を
40歳を過ぎたおっさん達が(それでも若手)
当事者(高校生の杜崎たち)の目線で
さも衝撃的なシーンのように熱く描くところと
「振り返ってバカバカしいわ」
「世界が狭かったよね、お互いに」
って急に冷静に大人の目線もいれちゃうところ

2つの目線があって
それが、あ、大人になりかけの高校生の目線だなって思う。

決してリアリティではないんだけど
(余分な描写を削ぎ落としていいとこ取りしているから、リアリティさはない)
大人の妄想になりすぎてないのが
すごく好きなんすよね。
(個人的に宮崎駿の作品はすべてが妄想すぎて気持ち悪いです)

そんな臭いセリフいう?!
とか
そのシーン、絵にしたかっただけだよね?
とか
の突っ込みがでなくて
本当に全部のシーンが好き。


でもさ、
「お風呂で寝る人なんだよ」
とか言われたらドキドキしちゃうじゃん
東京で里伽子探しちゃうじゃん

そういう仕掛けはぬかりなくて
ちゃんとアニメだなって思うんだよな

もう高校生ではない、
少し大人になった杜崎に
これから起きるドラマを想像してニタニタしちゃうじゃん


まじで最高のアニメです。
作画が綺麗だから、なおさら
その街を、キャラクターを好きになれるよね。

なかなかにぶっとんだ家族構成を佐々木大光におしつけてしまった……
でもまじで大光ママ厳しい行きすぎた教育しそう…
パパとは仲悪そうだし。
ただ育ちの良さとかが垣間見えるからやはり金持ちな家庭にしてみた。
兄は母親の行きすぎた教育の反動でこりゃまたぶっ飛んだ行動とりそう…(葉っぱとか)
そのせいで両親も仲悪そう…
(大光は兄のことを良く理解してて、アホだなぁとは思いつつ受け入れていそう)
大光の誰よりも空気を読む能力は
この家庭に育ったからこそ身に付いたんだけど
学校ではそれを理由に人気者であるのが
また切ないよな。
家では実は静かにしてる狂犬。
女にはモテるけど、話がつまらんから男友達といるほうが楽しい派。

井上玲音ちゃんはちょっと変わった職業のパパからの将来は跡継ぎに!みたいなプレッシャーもあり
やりたいことも特にないしなぁ
ってなってる
そして井上家もぶっ飛んでる家族で
血のつながらないママ(厳密に言うと結婚もしてないため母親でもない)と一緒に住んでて
でもその女性がめちゃめちゃ玲音ちゃんの味方で
本当にいい影響を与えてるという設定にしたい
小学校のとき友達の少ない玲音が唯一仲良くなった大光を家に連れてきたとき
大光ともすぐに打ち解けた、人間として魅力的な女性
タバコも酒もやり、仕事バリバリ。
玲音ちゃんはそんな姿に憧れてすらいるのよ…


そんで矢花がまたいい。
もはやこのドラマの主役。
どの家族よりも平凡で一般的な家庭見えるんだけど、普通なんてない。
矢花自身が両親に全然なついていなくて、
家族に対してマイナスなイメージを持っている。
父親は寡黙で、だけど勉強しろとうるさい。
母親も仕事ばかりでほぼ家にいない。
最近は妹の面倒や家事をやってる。
桃呼と幼馴染とはいったものの、家族ぐるみの交流は全くない。
桃呼の家でゲームをよくしてきた。
学校ではいじられキャラで愛されている。
インターネッツの世界でじつはめちゃめちゃ活躍していて、人気YouTuber。
最近それのせいで勉強してない。


桃呼のパパはまだ40歳。
桃呼から見てもかっこいい男。将来はパパみたいな人と結婚すると思っている。
昔からめちゃめちゃ可愛かった桃呼は8歳のときに芸能界デビュー。ドラマやモデルの仕事で大忙しだったが、勉強が楽しくなり芸能界を辞める。
学校の友達はいないが近所の矢花とよく遊んでた。
クラスの人気者大光に対して、芸能人という肩書があるわけでもないのに実力だけで人気なのがすごい!と尊敬している。
そして友達の少ない自分にも優しい大光のことを
好きになる。

東京都X区Y地

東京都X区Y地に住む人々の物語 


佐々木大光
電車で都内有名私立A高に通う高校2年生。お坊っちゃんでめちゃめちゃに金持ち。でかい一軒家住んでる。
父親が医者。母親がピアノの先生。
母親はビーガン。父親は多分不倫してる。
大学生になったら一人暮らししたいと考えている。
4つ上の兄がいるが、ほぼ絶縁状態。
部活はバスケ部。学校の人気者。彼女はいらない。


井上玲音
徒歩圏内のB女子高校に通う高校2年生。学校がつまらなすぎてやめたいと思ってる。
父親がデザイナー。母親はいない。
が、同居人の父親の恋人が保護者となっている。
父親は親の会社の跡継ぎ。
一人っ子。軽音楽部の幽霊部員。楽器は弾けない。
フロイトの言葉に感化されて、仕事へのやる気がすごくある。卒業したら働きたいと思ってる。
大光とは小学校からの幼馴染。

矢花黎
男子校の有名進学校B校に通う高校2年生。成績はそれなり。カフェでバイトしてる。
軽音楽部。音大にいきたいと思って金を貯めている。
両親ともに会社員。
音楽編集が得意で顔を隠しながら動画を配信してる。
妹がいる。

橋本桃呼
都内有名私立A校の高校2年生。大光と同じクラス。矢花の幼馴染で同じマンションに住んでいる。生まれた病院も一緒。頭がいい。
子役とかモデルとか幅広くやってたが今はやめている。
両親がめちゃめちゃに若い。ラブラブ。
ゲーム漫画大好き。将来は声優になりたい。

アイドルの熱愛について


アイドルが熱愛をしていいか悪いかで考えたら、
私個人の見解としては、「していい」になる。
しかし絶対にバレてほしくない。

それはなぜか?
・アイドルは夢を売る仕事なのに、実生活を晒すのはプロ意識が足りないから
・危機管理能力が足りないアホなところに幻滅してしまうから
など色んな考えの方がいるだろう。

わたしの考えは

「そんなつまらないことで世間からボコボコにされてる推しを見たくないから」

である。


アイドルの熱愛を嫌がるファンなんてめちゃくちゃにいる。
少人数ではない。大多数いる。
それが正しいか正しくないかは問題ではない。
ファンのあるべき姿なんて誰かに決められるものじゃない。
なので「推しの幸せを喜べないなんてファンじゃない」などという人は論外だ。

自分の応援するアイドルが
特定の人と交際してるのを知ったとき、
悲しみや、時には怒りという感情がわくのはしょうがないと思う。
ファン自身も感情のでどころがわからないのだ。
だってべつに推しと付き合えると思ってない。
思ってないけどなぜか悲しいし、残念だしショックなのだ。
わけわからん感情を持つ人間を相手に商売しているのがアイドルなのだ。


たとえば
「そんなやつからの応援はいらない、俺は歌で食ってんだ!」
「自分だって人間。ステージで最高のものを見せれば問題ない。」
などの価値観を持つアイドルもいるかもしれない。
(ここまで言わずとも、熱愛を認める時点である程度の支持をきり捨てる覚悟ができてるんだろうと私は捉えてきた。)



私は恋愛には興味ないのでよくわからないが、
好きな人ができるのはしょうがないことだとは思う。
しかし推しの熱愛を知り離れていくファンに、
「そうですか。どうぞどうぞ。」と思えてしまうアイドルを私は好きになれない。
「一人残らず自分のファンにしたい。」
「世界中から愛されたい。」
「アイドルのトップになりたい。」
という貪欲なアイドルが好きだ。

大多数の恋愛禁止派(正しいとは言ってない)を切り捨てる行為=土俵から降りた
と私は思う。


いつか世界が変わって、
「恋愛しないほうがきもい!ありえん!」
と恋愛経験豊富なアイドルを世間が求めるようになったら話は違うだろう。
しかし現状は先ほど言った通りで
大多数が恋愛禁止派なのだ。
そしてそれは理屈ではなく、感情がそうさせるのだ。

ファンにも言えることだし
アイドルにも言えることだが、
人を好きになるのは感情である。
心であり、頭で考えるものではない。

そしてアイドルのトップに立ちたいという野心もまた心である。
どちらを取るのかを私達ファンは見てる。
そしてファンでなくとも世間一般が見てる。

ちょっとでも道を外せば、みんなが一斉に叩く。
私はそんな推しを見たくはない。
アイドルのトップを目指す者が
そんなつまらないことを足かせにしてるなんてかっこ悪い。


「人を好きになったんだ。それをみんなに伝えたい。受け止めてほしいんだ。」
というアイドルは
正直もうわたしの管轄ではない。
叩くなんてことはもちろん私はしないが、
残念がり離れていくファンや、
ここぞとばかりに非難する者も出てくると思う。
(何度も言うけど、正しいか正しくないかではない。出てくることは間違いない。)
そんな姿を見せるアイドルを私は応援できない。



アイドルのトップは、非難の的には決してならない。
君子危うきに近寄らず。だ。